2004年09月17日

avex等のCCCDリリース方針変更について

エイベックス、CCCDの採用を弾力化 (avex)
エイベックス:CCCDの採用を弾力化へ、ソニーミュージックも追従の方向 (毎日新聞)

コピーコントロールCD(CCCD)を積極導入していたレコード会社のうち、avexCCCD導入の決定権を製作現場にゆだねることになり、Sony MusicもレーベルゲートCDによるリリースを取りやめる方針を採ることになり、事実上大幅後退することになります。

この方針転換の理由としては「著作権の啓蒙が十分にいきわたったこと」「HDDプレーヤーなど新しい音楽の楽しみに対応すること」等が挙げられています。特に昨今Apple社のiPodが大流行しており、原則PCへの複製を認めていないCCCD導入カタログは不利な状況であったことも否めません(所属アーティストにこんなこと言われてるぐらいですから・・・)。

今後はCCCD(特にCDS)導入のカタログが減少していくのが予想されますので、CCCDが本当に「過渡期のメディア」になってしまうことになります(現状のカタログもいったん廃盤の上で通常CDとして再リリースの可能性も否定できません)。一方でここ数年でCCCDを購入した方も多くいらっしゃるわけですので、その人たちへのサポートも欠かすことができないと考えます。

そういうわけで、このウェブページは「既存CCCDユーザーをフォローする」性質のページへとコンテンツの見直しを行なっています。もうしばらくお待ちください。

投稿者 muplus : 2004年09月17日 22:49