x505.jpg

「バイオノート505エクストリーム」2機種 発売 (Sony)
「バイオノート505」PCG-X505/P・X505/SP (Sony)
バイオノート505 エクストリーム (Sony Style)

まさにエクストリーム!・・・やりすぎ、だと思うのですが、いかがでしょうか。

efficeon.jpg

Crusoeの後継となるプロセッサがTransmeta社から発表に。「Efficeon」と名づけられたこのプロセッサは、特にPCでの動作を主眼に開発されたもので、Efficeon 1.1GHzと同程度のTDPである超低電圧版Pentium-M 900MHzプロセッサよりもパフォーマンスが優れている、とのこと。が、しかしCrusoeではボクらの期待にこたえてくれなかっただけに、Efficeonにも厳しい目が向けられるのは確か。SHARPぐらいしか具体的なモノが見えていないというのは残念。やっぱり実機でパフォーマンスを確認したいところ。

バイオノートの秋モデルが発表に。モバイルノートPCで注目は、「505」シリーズがPentium-Mモデルになったことでしょうか。チップセットは855PMで、ビデオチップにはMOBILITY RADEON 9200を搭載。Pentium-M 1.3GHzで20万円前後とPentium-M 1.5GHzで26万円前後のモデルの2機種をラインアップ。また、「TR」には超低電圧版Pentium-M 1GHzを搭載したモデルのほか、超低電圧版Celeron 800AMHzを搭載したモデルも用意。「Z」もCPUを中心にアップグレード。「505」「TR」「Z」いずれも無線LANが802.11gに対応、メモリースティックPROに対応という点が目新しいかと。そういえばVAIO Uは??

NECが「NECパーソナルプロダクツ株式会社」の設立の場で様々なタイプの次世代PCのプロトタイプを公開した模様。なかなか野心的なものばかりで、いつものお堅いイメージとは結構違う?!なかなか楽しいものいっぱいなので必見!

SONYから発表された2スピンドルのサブノートPC「バイオノート TR」のリンク集です。

このモデルは従来の「SR」と「バイオC1」を統合した感じの製品ですね。
CD-R/DVD-ROMコンボドライブを内蔵したのは
「1台目として購入する人もターゲットに入れたから」のようで、
言い換えると、「1スピンドルじゃあんまり売れなかった」と(´Д⊂

ライバル機種は「Let's note W2」と「LOOX T」。

6月7日発売予定。
オープンプライス(予想販売価格23万円前後)